モバイルルーター&バッテリー!?ZMI MF855を楽天モバイルで使ってみた!

広告




こんにちは。

スマホがモバイルネットワークに接続できなくなったような気がしたのと、テザリングする端末が増加したので、モバイルルーターを検討していました。

ついでにモバイルバッテリーも欲しかったので探していたところ、
モバイルルーターとモバイルバッテリーの機能を兼ね揃える機器を発見しました。

それがZMI MF855です。

特徴

やはり、先ほど書いた「モバイルルーターとしてもモバイルバッテリーとしても使える」ということが大きいです。

通常であればバッテリーがなくなってしまいますが、この機器は7800mAhもの大容量バッテリーを搭載しているのです。

モバイルルーターの機能だけならば最大18.5時間も持ちこたえます。

また、後述する公式アプリの品質も非常に高く、つい価格を疑ってしまうほどの品質です。

見た目


こちらがZMI MF855になります。

パット見普通のモバイルバッテリーですが、フタを開けると…

このように、SIMスロットがあります。

microSIMスロットです。

nanoSIMは厳しいんじゃないかなって思いました。

設定してみる

使おうとして、問題が発生しました。

microSIMなんて家にありません…。

無理やり入れようとしても出来ませんでした。

ないなら作ればいいじゃない。

ということで…


いろいろ付いてて便利そうなものを買いました。

税抜980円也。

高いけど、役立ちそうだからね。

ということでこいつを差し込んでその下に書いてあった認証情報で接続。

同じくそこに書いてあったIPアドレスより設定画面へ。


初期設定をしたら、このボタンをクリックします。


次に、ここのチェックを外して保存ボタンをクリックします。

そして、先ほどのチェックが外れていることを確認し、手動APN設定をクリックします。


スマホと同じように入力します。
スマホで失敗したのと同じものでやったら失敗したので、jpに書き換えたら動きました。

…ん?

もしかしてこれって…
単なる勘違いだったのかな?

それはない。もしそうなら悲しい。

通信してみる


こちらが低速モードでのスピードテスト結果です。

最大1Mbpsなので妥当と言ったところでしょうか。

とにかく非常に安定した速度で通信できていることが分かりました。


公式アプリの通信量カウント機能なども非常に使いやすいので、
ZMIの技術力には尊敬します。

まとめ

2つの機能を兼ね備えた高性能モバイル機器ですが、それは品質もバッチリでした。

私のように複数端末を同時に使用する方は試してみてはいかがでしょうか。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です