Huawei nova liteにピッタリなカスタムROM「AOSPA」

広告




こんにちは。

今日、とんでもなく快適なカスタムROMを見つけたしまったので紹介します。

その名も…『AOSPA』

GoogleのAOSPがベースですが、「PA」はカスタムROMで有名な「Paranoid Android」を示しています。

この「Paranoid Android」は以前Nexus 7(2012)にて使用していたため、最近のバージョンではどのくらい快適なのか気になってインストールしてみました。

ダウンロード

AOSPAはこちらのxdaフォーラムのリンクよりダウンロードできます。

回線によっては少々時間がかかるかもしれません。

インストール

カスタムROMを既に使用している場合は拡張再起動メニューより、そうでない方は電源を切って音量+ボタンと電源ボタンを長押しよりカスタムリカバリを起動します。

続いて、内部ストレージをフォーマットします。

Wipe -> Advanced Wipe -> Dataにチェックを入れる -> Change file system -> Ext4

最後に、Installより先程ダウンロードしたzipを選択してインストールします。

あとはRebootして完了です。

初期設定

起動するとお馴染みの初期設定画面に移動するので、初期設定を行います。

この時にGoogleアカウントは設定するようにしましょう。

設定完了後、Androidを準備している旨が表示されますが、待っても無駄です。

ランチャーアプリがありませんので。

なので、アップデート通知からPlayストアに飛んでランチャーアプリをインストールします。

私はNova Launcherをインストールしました。

あとはホームボタンを押せば使用可能になります。

使用感

今までLineageOSやRR-OSを使用していたのですが、その時よりもサクサク動く気がします。

また、設定内容もRR-OSには劣りますが、非常に充実したものとなっております。

今はこれが私にとってベストのカスタムROMです。

UI

UIはAOSPなので、Nexus 7を使っている私にとっては非常に親近感が湧きます。

確かにEMUIも近代的なデザインですが、使い慣れているUIの方がやはり落ち着きます。

それにこちらは設定画面から色やテーマをEMUIより簡単に変えられるため、自分好みのデザインにすることができます。

AOSPAは初期では緑色ベースだったので、Nexus 7と同じ水色に変更しました。

これもカスタムROMだからこその楽しみですね。

注意点

suバイナリは標準では入っていませんので、手動でインストールする必要があります。

これは前記事と同じ方法で出来ますので、root化したい方は是非お試しください。

Huawei nova liteのroot化

2018.03.22

まとめ

AOSPAは私にとって最高のカスタムROMです。

とても快適なので、是非お試しください。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です