ideapad 100のメモリを増設してみた!

広告




こんにちは。

この投稿はideapad 100よりお送りしております。

いやぁ、うちやすいですねぇ。

今までこの気持ちよさを知らなかったとは。

まぁ、ブラインドタッチできないんですけどね。

誤字がひどい()

さて、今回はlenovoのideapad 100にメモリを4GB増やしました。

前回の記事で修理したものです。

必要なもの

  • 精密ドライバー +0
  • DDR3Lのメモリ
  • 少しキーボードが壊れてもいいという心(後述)

分解①

まず、裏フタにある大量のネジを外します。

くるくる…くるくる…

1本潰れました。

このくらい大丈夫だと思い、作業継続。

分解②

次に、キーボードを外します。

ここが大変。

薄いカードを差し込みながら外すのですが、そのときに
8キーとInsertキーを破損させてしまいました。

ついでに少し曲がってしまったので、
現在はキーボード無しで生活しています。

正確にはUSBキーボードを使用しています。

分解③

ここからは簡単です。

ネジを3本外して、裏フタを開けます。

すると、ここにメモリスロットがあるので、
先に挿してから下に押します。

この際、向きに注意してください。

戻す

あとはこの手順を逆にやる…前に、1つだけやるべきことがあります。

そう、動作確認です。

まず、電源を入れます。

BIOSを確認するのが一般的ですが、このノートPCはBIOSに入るのが面倒なので、
OS上から確認します。

恐らくどのOSも設定にあるでしょう。

少し足りなませんが、誤差の範囲なのでスルーしても構いません。

試してみる

そもそも私がこのノートPCのメモリを増設しようとしたきっかけは、IntelliJ IDEAを動かすためです。

メモリ増設前に動作させたものがこちらになります。

…はい、見ての通りメモリ不足です。

流石に2GBのメモリでIDEはきついですね。

そしてこちらが6GBの動作。

しゃべったああああああああああああああああああ(

たかがHello, world!ですが、これさえ表示できなかったと考えると
悲しくなりますねw

まあCPUはCerelon 3215U × 2ですが。

まとめ

このノートPCのメモリ増設は非常に高難度です。

ある程度のドライバーと忍耐力は必須でしょう。

これからは簡単に交換可能なPCを選びます。

このキーボード腕が疲れる。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です